m3.com トップ > 臨床ニュース > 橈骨動脈PCI4年で2倍超【米国心臓病学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

橈骨動脈PCI4年で2倍超【米国心臓病学会】 全米患者登録に基づく診療動向報告書

2017年2月3日 米国学会短信  カテゴリ: 循環器疾患その他

2011年に比べ、2014年に米国内で実施された経皮的冠動脈インターベンション(PCI)において大腿動脈からのアプローチが88.4%から74.5%に減少。一方、橈骨動脈アプローチが10.9%から25.2%と2倍以上増加していた。米国心臓病学会(ACC)が全米の心血管疾患患者登録に基づく診療動向をまとめた報告書で明らかにした。全文はJournaloftheAmericanCollegeofCardiologyで閲覧できる。同報告書ではPCIに関する患者登録(CathPCIRegistry)、植え込...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞