m3.com トップ > 臨床ニュース > 医原性免疫不全リンパ腫とどう戦う【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

医原性免疫不全リンパ腫とどう戦う【研修最前線】 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」Vol.14_2

80歳代女性の左腹部に見つかった巨大脾腫は、関節リウマチ(RA)に対して26年間服用してきたメトトレキサートに関連するリンパ増殖性疾患(MTX-LPD)だった。休薬で3割は寛解を得る病態だが、再燃率は高く、化学療法に進むこともある。脾原発リンパ腫瘤というまれな1例を経験した自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデントの降旗宏氏が、MTX-LPDの所見と治療選択肢を解説する。3割は1カ月で寛解するが、5割は再燃降旗先ほど簡単に触れたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞