m3.com トップ > 臨床ニュース > 「次も神経科医選ぶ」割合は?【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

「次も神経科医選ぶ」割合は?【米国神経学会】 米学会が専門医1671人に調査

神経科医(neurologist)の60%が少なくとも過去に1回以上、燃え尽き症候群の症状を経験していることが分かった。神経科医1671人を対象とした米国神経学会(AAN)による大規模調査の成績。全文はNeurology誌1月25日オンライン版に掲載される。同調査は、神経科医1671人(年齢中央値51歳、平均臨床従事期間17年)を対象とした質問票調査で、全回答完了者の65%が男性だった。全対象の週当たりの平均勤務時間は56時間で、4分の3以上を臨床活動に充てていた。全対象の3分の1が大学病院など...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞