m3.com トップ > 臨床ニュース > GERDへの腹腔鏡術は開腹術に優れる【米国外科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

GERDへの腹腔鏡術は開腹術に優れる【米国外科学会】 成人患者7万5000例の解析

2017年2月10日 米国学会短信  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

胃食道逆流症(GERD)に対する腹腔鏡下噴門形成術により従来の開腹下手術に比べ術後合併症の減少や、回復期間の短縮、医療費の負担が少ないとの研究結果が報告された。米国外科学会(FACS)が1月26日、JournaloftheAmericanCollegeofSurgeons誌オンライン版の掲載論文を紹介した。研究グループは、米国の入院患者データベース(NationalInpatientSample)を用いて、2000-2013年に腹腔鏡下または開腹による噴門形成術を受けた成人GERD患者7万500...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞