m3.com トップ > 臨床ニュース > インフル治癒証明「診療に支障」「早く出せ」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

インフル治癒証明「診療に支障」「早く出せ」 m3.com意識調査『インフルエンザ流行中「あの書類」どうしていますか?』Vol.2

2017年2月15日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患その他

m3.com医師会員の意識調査『インフルエンザ流行中「あの書類」どうしていますか?』で、学校や職場に提出するインフルエンザ治癒証明書の意義についても、さまざまな自由意見が寄せられた。「求められれば仕方がない」といった意見も多かったが、目立ったのは治癒証明書に「医学的意義はない」「何をもって治癒とするのか」とする意見。証明書のための受診が増え、診療上支障が懸念されるとの声も聞かれた。さらには、自己判断で登校後にインフルエンザ治癒証明書の「後出し」を要求されたケースや、書類の発行を早めるよう求められ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞