m3.com トップ > 臨床ニュース > C肝薬の効果的な組合せ、解析可能に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C肝薬の効果的な組合せ、解析可能に

2017年2月10日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患感染症投薬に関わる問題

九州大学は2月7日、C型肝炎治療薬の効果的な組み合わせを定める方法を開発することに成功したと発表した。この研究は、同大学大学院理学研究院の岩見真吾准教授、国立感染症研究所の渡士幸一主任研究官が、金沢大学医薬保健学域の小泉吉輝氏、名古屋市立大学大学院医学研究科の田中靖人教授、国立感染症研究所の脇田隆字副所長らと共同で行ったもの。同研究成果は、米国科学アカデミー紀要「ProceedingsoftheNationalAcademyofSciencesoftheUnitedStatesofAmerica...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

消化器疾患

投薬に関わる問題

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞