m3.com トップ > 臨床ニュース > スペーサーで薬剤吸入効率が改善?【米国アレルギー・喘息免疫学会議】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

スペーサーで薬剤吸入効率が改善?【米国アレルギー・喘息免疫学会議】 英国家庭医DB5000例超のコホート研究

定量噴霧器(MDI)による吸入ステロイド(ICS)を有効に使用することが難しい喘息患者の吸入補助具(スペーサー)は薬剤吸入効率を上げることができると考えられている。英国のプライマリケアデータベースに登録されたICS処方患者5000例を対象としたヒストリカルコホート研究で、スペーサーの有無による喘息の症状や薬剤関連有害事象への影響に差はなかったとの研究結果が明らかになった。米国アレルギー・喘息免疫学会議(AAAAI)が1月18日、JournalofAllergyandClinicalImmunol...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

呼吸器疾患

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞