m3.com トップ > 臨床ニュース > 脊髄損傷後の運動機能回復に神経細胞

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脊髄損傷後の運動機能回復に神経細胞

2017年2月13日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患

京都大学は2月8日、脊髄損傷後早期に脊髄内の神経細胞が運動機能回復に重要な役割を果たすことを明らかにしたと発表した。この研究は、同大学医学研究科の伊佐正教授、渡邉大教授、生理学研究所の當山峰道研究員、小林憲太准教授、弘前大学の木下正治准教授、福島県立医科大学の小林和人教授、慶應義塾大学の里宇明元教授らの共同研究グループによるもの。研究成果は「ProceedingsoftheNationalAcademyofSciences」オンライン版に掲載されている。脊髄損傷の多くは、大脳皮質運動野から脊髄の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞