m3.com トップ > 臨床ニュース > 気胸の胸腔ドレナージ、ドレーンチューブ至適径は?【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

気胸の胸腔ドレナージ、ドレーンチューブ至適径は?【研修最前線】 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」Vol.15_1

2017年2月14日 研修最前線  カテゴリ: 呼吸器疾患救急

一般に知られる疾患でありながら、医師にとって救急部と呼吸器外科以外では関わることが少ない気胸。m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診シリーズ」第15週は、呼吸器外科のローテートを終えたジュニアレジデント2年目の中村宜由氏が、胸腔ドレナージの実際から手術判断の境界線、大学病院で経験する気胸症例の疫学データについて解説する。全3回。CTで分からない気胸も多い中村今日は自分が呼吸器科外科での研修中に学んだ中で、特に気胸について、実習生・研修医の皆さんに向けてお話させて頂...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞