m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗うつ薬3剤の添付文書改訂に込められた「目標」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗うつ薬3剤の添付文書改訂に込められた「目標」 武田雅俊・日本精神神経学会理事長に聞く◆Vol. 4

日本精神神経学会理事長の武田雅俊氏◇Vol.3「認知診断激増!?道交法施行へ学会準備着々」はこちら◇副作用の羅列では実臨床の役に立たない――同じ自動車運転に関するトピックになりますが、2016年11月末に、抗うつ薬3剤の添付文書で「自動車の運転等危険を伴う機械の操作に関わる使用上の注意」が改訂されました。これはとても大きな動きであり、今後に向けて、非常に大切な意味を持つ動きだと捉えています。抗うつ薬3剤というのは、セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)であるミルナシプラン、デュロ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞