m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症薬疹、診断・受診遅れも【時流◆SJS/TEN】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症薬疹、診断・受診遅れも【時流◆SJS/TEN】 押さえておきたいSJS/TENのポイント◆Vol. 1

2017年2月27日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患救急投薬に関わる問題

医薬品などに起因する重篤な皮膚障害スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と中毒性表皮壊死症(TEN)。発症頻度がかなり低いことから、初期症状や診療の実態は広く知られておらず、厚生労働省などが医療従事者や一般向けに早期発見・治療のための注意喚起をたびたび行っている。2016年には日本皮膚科学会が重症多形滲出性紅斑、SJS/TEN診療ガイドライン(GL)を取りまとめた(日皮会誌2016;126:1637-1685)。同GL作成に関わった昭和大学皮膚科学教授の末木博彦氏による第3回総合アレルギー講...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞