m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児に多いマイコプラズマ起因SJSとは【時流◆SJS/TEN】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児に多いマイコプラズマ起因SJSとは【時流◆SJS/TEN】 押さえておきたいSJS/TENのポイント◆Vol. 2

2017年3月1日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患救急投薬に関わる問題

SJSやTENの多くは医薬品が原因で起こると考えられている。一方、日本皮膚科学会の重症多形滲出性紅斑、SJS/TEN診療ガイドライン(日皮会誌2016;126:1637-1685)によると、単純疱疹ウイルスやマイコプラズマ、細菌、真菌などの感染症が契機となる場合も考えられるとも記載されている。特に小児の場合はマイコプラズマ感染に起因するSJSが、小児のSJS全体の30%以上を占めるとの報告もある。マイコプラズマ感染によるSJS/TENの実態と現行の診療指針を関連文献から探った。全4回。(まとめ:...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞