m3.com トップ > 臨床ニュース > SJS/TEN眼・皮膚・泌尿器管理の実際【時流◆SJS/TEN】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SJS/TEN眼・皮膚・泌尿器管理の実際【時流◆SJS/TEN】 押さえておきたいSJS/TENのポイント◆Vol. 4

2017年3月6日 時流  カテゴリ: 眼科疾患腎・泌尿器疾患救急

SJS/TENでは皮膚粘膜の病変以外にも肺炎、間質性肺炎や下部消化管症状、腎不全などの合併症を生じることもあり、集学的な管理が必要となる。中でも、全身療法に並んでintensiveなケアが求められるのが、眼や皮膚の病変に対する局所療法だ。自験例を踏まえた局所療法の実際とポイントについて、昭和大学皮膚科学講座教授の末木博彦氏の第3回総合アレルギー講習会(2016年12月17-18日)における講演内容と周辺情報を紹介する。全4回。(取材・まとめ:m3.com編集部坂口恵)充血あればフルオレセイン染色...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞