m3.com トップ > 臨床ニュース > 男性不妊、環境由来物質曝露と関連

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

男性不妊、環境由来物質曝露と関連

2017年2月16日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

東北大学は2月13日、精子異常による男性不妊と環境由来化学物質の関連性を解明したと発表した。この研究は、同大学大学院医学系研究科の有馬隆博教授のグループが、同研究科の仲井邦彦教授のグループと共同で行ったもの。研究成果は、「ScientificReports」電子版に2月10日付けで掲載されている。低用量の環境由来化学物質への長期ばく露は、ヒトの精子や卵子といった生殖細胞系列、および精巣や卵巣といった生殖腺に対して深刻な影響を及ぼす危険性をはらんでいる。そのため、化学物質のヒトへの影響を明らかにす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

腎・泌尿器疾患

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞