m3.com トップ > 臨床ニュース > ノベルジンの妊婦投与に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ノベルジンの妊婦投与に注意喚起 胎児に先天性奇形のリスク

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2月13日、ウィルソン病治療薬(銅吸収阻害剤)の「酢酸亜鉛水和物製剤」(商品名:ノベルジンカプセル25mg/50mg、同錠25mg/50mg)を投与している妊婦または妊娠している可能性のあるウィルソン病患者において、尿中銅測定が実施されていない症例が報告されているとして、製造販売元の注意喚起文をホームページに掲載した。胎児の銅欠乏は先天性奇形リスクであるため、妊婦に投与する場合は銅欠乏を来すことがないよう注意を呼び掛けている。ウィルソン病は、銅輸送ATPase...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞