m3.com トップ > 臨床ニュース > 偽造C型肝炎薬への医学的対応提示

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

偽造C型肝炎薬への医学的対応提示 想定されるケースごとに推奨される対応を取りまとめ

日本肝臓学会は2月15日、C型肝炎薬「レジパスビル/ソホスブビル配合錠」(商品名:ハーボニー配合錠)の偽造品を内服した患者が発生した場合に推奨される医学的対応について取りまとめ、学会ホームページで公表した。内服中の場合、以前に内服した可能性がある場合など、想定されるケースごとに提示し、血清C型肝炎ウイルス(HCV)-RNAの検出の有無や著効(SVR)が得られているかどうかに応じた対応を求めている。同学会が推奨している医学的対応は以下の通り。偽造医薬品を内服中の場合は直ちに中止し、血清HCV-RN...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞