m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳卒中循環器病対策基本法で学会声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脳卒中循環器病対策基本法で学会声明 健康寿命の延伸、医療費・介護に関する費用の節減に期待

2017年2月23日 日本高血圧学会  カテゴリ: 循環器疾患神経内科疾患

日本高血圧学会はこのほど、『脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会』を支持する声明文を学会ホームページに掲載した。同学会は、日本で死亡数の多い脳卒中と心臓病に対して、対策基本法の制定で国策として同疾患の発症と死亡を減らしていくことで、健康寿命の延伸と医療費・介護に関する費用の節減が期待されるとしている。同学会は2009年から、脳卒中関連14団体共同で「脳卒中対策基本法」の立法化を図ってきた。現在、同法案に心臓病対策も加えた「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞