m3.com トップ > 臨床ニュース > 鎮静剤は回路への吸着を考慮する【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

鎮静剤は回路への吸着を考慮する【研修最前線】 研修最前線「ECMOシミュレーションラボ」Vol.2

2017年2月28日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患救急

重症呼吸不全あるいは重症循環不全に対するECMO(Extracorporealmembraneoxygenation)の管理で、重要なポイントの1つとなるのが鎮静だ。ECMO実務者向け講習会第9回「ECMOシミュレーションラボ」では、藤田保健衛生大学の麻酔・侵襲制御医学講座の原嘉孝氏がExtracorporealLifeSupportOrganization(ELSO)ガイドラインに基づいた鎮静・覚醒のプロトコール案を示し、「鎮静剤によっては回路に吸着しやすいものもある」として注意を促した。気管...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞