m3.com トップ > 臨床ニュース > 看護有休取得率はたった14%【米国小児科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

看護有休取得率はたった14%【米国小児科学会】 FAMILY法案の迅速可決を要求

2017年2月27日 米国学会短信  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

米国小児科学会(AAP)は2月7日、FamilyandMedicalInsuranceLeave(FAMILY)法の施行直後、PediatricPolicyCouncil(PPC)と共に、労働者自身またはその家族の病気療養・看護のための最大12週間の有給休暇が取れるようにする社会保険制度構築の法案を迅速に可決するよう議会に求めた。AAPのFernandoStein会長は「親が仕事を休み子供の世話をする時間を取るだけの余裕がない時に最も影響を受けるのは子供達だ。どこに住もうと、子供が生後1カ月に病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞