m3.com トップ > 臨床ニュース > 尿酸は本当に「悪玉」か?【時流◆尿酸の意義】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

尿酸は本当に「悪玉」か?【時流◆尿酸の意義】 櫻井裕之・杏林大学医学部薬理学教室教授の解説と周辺情報◆Vol. 1

無症候性の高尿酸血症を治療対象とすべきかどうか、議論が続いている。高尿酸血症の環境因子である食事や飲酒習慣が心血管疾患やメタボリックシンドロームと共通の危険因子と考えられているためだが、介入試験によるエビデンスは少ない。一方、最近では急性期脳卒中患者に尿酸を静注する臨床試験も行われるなど、痛風患者に多く遭遇する日常診療では「悪玉」寄りだった尿酸に新たな視点が加わりつつある。では、実際に無症候性高尿酸血症の患者を目の前にした場合、その尿酸値をどう考えればよいのか。先ごろ開催された第50回日本痛風・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

腎・泌尿器疾患

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞