m3.com トップ > 臨床ニュース > 胸腺腫による新自己免疫疾患を発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胸腺腫による新自己免疫疾患を発見

2017年2月24日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患

神戸大学は2月21日、胸腺腫による新たな自己免疫性下垂体疾患を発見し「抗PIT-1抗体症候群」として報告したと発表した。この研究は、同大学大学院医学研究科の高橋裕准教授、坂東弘教医学研究員、井口元三講師らの研究グループによるもの。研究成果は「ScientificReports」にオンライン掲載された。人口の約1%に発症する慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患は、原因が明確でないものも多く、重症筋無力症や全身性エリトマトーデスなど、難病に指定されている疾患が多くある。これまで研究グループは、後天性に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞