m3.com トップ > 臨床ニュース > 次世代医用画像情報システム販売へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

次世代医用画像情報システム販売へ

2017年3月1日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: その他

東芝メディカルシステムズ株式会社は2月22日、次世代の医用画像情報システム(PACS)「RapideyeCore(TM)Grande」を開発し、大規模病院グループを対象に4月1日より販売を開始すると発表した。近年、医療の高度化に伴い、患者一人ひとりに対し膨大な情報が得られ、その情報を最大限に診療に活かせる医用画像情報システムのさらなる性能向上が求められてきた。同社製のPACS「RapideyeCore(TM)」は、汎用ファイルデータの保管・管理機能を搭載し、放射線科の診断画像のみならず、心電図デ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞