m3.com トップ > 臨床ニュース > 手荒れ予防に4つのヒント【米国皮膚科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

手荒れ予防に4つのヒント【米国皮膚科学会】 手袋で保護し、刺激を避け保湿を

2017年3月6日 米国学会短信  カテゴリ: 皮膚疾患その他

米国皮膚科学会(AAD)は2月14日、手荒れを防ぐヒントを紹介した。手の発疹や乾燥は、さまざまな原因で起こる。最も多いのは湿疹だが、アレルギー性のものもあり、長期間曝露しても問題のなかったもの(結婚指輪、スキンケア製品、魚介類、ニンニク、柑橘類など)でアレルギーを発症する場合もある。同学会関係者は、原因が違っても症状は似ている場合が多いので、原因特定と悪化防止のため皮膚科専門医の受診を奨めている。AADが推奨する手荒れ予防法は以下の通り作業に合わせた適切な保護手袋を使用する。染料や洗剤などの強力...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞