m3.com トップ > 臨床ニュース > 成人へのうつ病検診率は5%未満【米国精神医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

成人へのうつ病検診率は5%未満【米国精神医学会】 人口集団ごとに差も

2017年3月8日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患その他

米国政府がうつ病スクリーニングの実施を勧告しているにもかかわらず、プライマリケアにおける成人へのうつ病スクリーニングの割合は5%に満たないことが分かった。米国精神医学会(APA)が2月15日、PsychiatricServices誌オンライン版の掲載論文を紹介した。研究グループは、NationalAmbulatoryMedicalCareSurveyを用いて2012年および2013年のプライマリケア施設受診件数3万3000件以上に占めるうつ病スクリーニングの割合を調査した。サンプル全体でうつ病ス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞