m3.com トップ > 臨床ニュース > 学会騙る不審電話、内科学会でも

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

学会騙る不審電話、内科学会でも 個人情報聞き出す内容、皮膚科学会やPMDAでも発生

2017年3月10日 日本内科学会  カテゴリ: 一般内科疾患

日本内科学会は3月7日、同学会職員を騙る不審電話の事案が発生しているとして、注意喚起を発した。同学会の認定教育施設に、実在しない職員の名前を騙って電話をかけ、医師の住所など個人情報を聞き出そうとする手口という。同学会では、不明瞭な理由により医師の個人情報を聞き出すことはないとして、不審電話があれば個人情報の回答は避けるよう注意喚起。同時に、不審電話を受けた際は同学会へ連絡するよう呼びかけている。医学会や公的組織の職員を騙る不審電話は近年頻発しており、2016年6月には日本アレルギー学会が、17年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞