m3.com トップ > 臨床ニュース > t-PA、時間で判断できない現実【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

t-PA、時間で判断できない現実【研修最前線】 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.16_2

「脳梗塞、発症4.5時間以内ならt-PA」は一般にも知られつつある医療知識だが、現実のt-PAは時間だけで適応を決定できるような単純なものではない。画像変化の評価指標は確立しているものの、“微妙なライン”の判断はケースバイケースで行われるのが現実だ。自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」では、ジュニアレジデント1年目の中村航世氏の報告を元に、上級医が悩ましい判断を明かす。t-PAの適応判断は画像変化次第中村本症例について、ここまでの時間経過をまとめます。コンビニでめまいを発症し、立てな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞