m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳梗塞治療「守り」に入ってしまう訳【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

脳梗塞治療「守り」に入ってしまう訳【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.16_3

急性脳梗塞では、急性期対応に平行して二次予防についても考慮していく必要があるが、抗凝固療法の位置づけに明確なエビデンスはなく、答えが示されていないクリニカル・クエステョンがいくつもある。上級医が「痛い経験をするとディフェンシブになっていく」と語る脳梗塞治療の現実とは。自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」、ジュニアレジデント1年の中村航世氏の報告を元にした議論を紹介する。心原性脳塞栓症、抗凝固薬はどう入れる?菅原(臨床研修室長)ところで本症例は右利きでした?中村確か右利きだったと思いま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞