m3.com トップ > 臨床ニュース > 高齢期の睡眠時間延長は認知症のリスク【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

高齢期の睡眠時間延長は認知症のリスク【米国神経学会】 睡眠9時間以上で認知症リスク2倍

2017年3月14日 米国学会短信  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患

高齢者の1日9時間以上の睡眠は脳変性の初期徴候ならびに認知症リスクが上昇していると考えられる可能性があるとの研究結果が明らかになった。フラミンガム研究の解析。米国神経学会(AAN)が2月22日、Neurology誌に掲載。研究グループは、フラミンガム研究に参加した2457人の定期健康診査結果を用いて検討を実施。参加者の平均年齢は72歳。追跡期間10年で234人(全例の10%)が何らかのタイプの認知症に罹患。全例の8%に当たる181人がアルツハイマー病と診断されていた。96人(4%)が追跡開始時点...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞