m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊娠期間評価が最適ではない妊婦の管理

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

妊娠期間評価が最適ではない妊婦の管理 後期早産・早期出産のガイドラインに従って管理すべき

2017年3月17日 国際医学短信  カテゴリ: 産婦人科疾患

妊娠期間の最良臨床評価が最適ではない妊婦を管理するためのガイドラインが、「Obstetrics&Gynecology」3月号に掲載された。米国産婦人科学会(ACOG)産科臨床委員会のRussellS.Miller氏らは、妊娠22週0日より前に超音波検査による推定予定日の確認または見直しが行われなかった妊娠(妊娠期間評価が最適ではないとみなされる)について、以下のような管理指針を提示した。妊娠期間評価が最適ではない妊婦は、選択的分娩が行えない。優れた代替法がないため、このような妊婦は後期早産(la...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞