m3.com トップ > 臨床ニュース > スポーツ脳震盪、女子は50%増【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

スポーツ脳震盪、女子は50%増【米国神経学会】 ただし、回復期間は男子と同等

女子運動選手の競技に関連した脳震盪リスクは男子選手より50%上昇しているとの研究結果が明らかになった。米国神経学会(AAN)が2月28日、同学会年次集会の発表演題を紹介した。研究グループは、2000-2014年にコロンビア大学の学生アスリート1203人(男子822人、女子381人)を調査したもの。対象者参加した競技は、サッカー、バスケットボール、アメリカンフットボールなどだった。対象者は脳震盪を起こす前と起こした後に、思考スキルと処理速度の検査を受け、脳震盪の症状と競技復帰時期を追跡した。在学中...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞