m3.com トップ > 臨床ニュース > 虫垂炎一部は非手術治療でOK?【米国小児科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

虫垂炎一部は非手術治療でOK?【米国小児科学会】 10報のメタ解析、ただし再発率14%

2017年3月22日 米国学会短信  カテゴリ: 消化器疾患小児科疾患感染症救急

急性虫垂炎の標準治療は手術による切除だが、新たに行われたメタアナリシスでは合併症のない急性虫垂炎の場合、手術なしの抗菌薬投与が成人、小児において有効な治療である可能性が示された。米国小児科学会(AAP)が2月17日、Pediatrics2月17日オンライン版の掲載論文を紹介した。研究グループは過去10年に報告された413例の小児を対象とした虫垂炎の非手術治療に関する10件の研究を評価。安全性への懸念や非手術治療に関連した有害事象が報告された研究はゼロだった一方、虫垂炎の再発率は14%であった。た...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞