m3.com トップ > 臨床ニュース > 世界から見た日本の泌尿器科医【米国泌尿器科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

世界から見た日本の泌尿器科医【米国泌尿器科学会】 AUAの調査

2017年3月21日 米国学会短信  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

米国泌尿器科学会(AUA)が3月9日、世界の現役泌尿器科医の実態調査を発表した。日本も調査に参加している。調査項目別の日本の位置付け、世界の動向は。診療に従事する泌尿器科医の年齢(中央値)が最も若いのはメキシコ(43歳)、サウジアラビア(44歳)、中国(45歳)など。最も高齢なのは英国、イスラエル(いずれも57歳)、日本は50歳。泌尿器科医に占める女性の割合が最も多いのはスペイン(17.1%)、カナダ(10.4%)。ゼロは31の国・地域のうち、英国、トルコ、ドイツ、イスラエル、サウジアラビア、フ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞