m3.com トップ > 臨床ニュース > 「出口を見据えた不眠治療」とは

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「出口を見据えた不眠治療」とは

2017年3月17日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 精神科疾患

3月17日の世界睡眠デー(日本では3月18日)を前に、武田薬品工業株式会社は3月9日、都内でメディアセミナーを開催。日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授と、愛媛大学医学部附属病院睡眠医療センターの岡靖哲センター長が講演した。睡眠は、若年期、壮年期、老年期といったライフステージにより、適切な睡眠時間や睡眠不足によるリスクが異なるため、各年代での対応が必要である、と内山氏。特に高齢になると深い眠りの時間が減るため、不眠の訴えが増えるという。65歳以上で入眠障害があると3年後にうつ病を発症するリス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞