m3.com トップ > 臨床ニュース > 医学適応ないグルテンフリー食に警鐘【米国心臓協会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

医学適応ないグルテンフリー食に警鐘【米国心臓協会】 摂取量多いと2型糖尿病発症リスク13%低い

セリアック病やグルテン過敏症といった医学的適応のない人のグルテンフリーダイエットに警鐘を鳴らす研究結果が明らかになった。医療従事者を対象とした2件の長期縦断疫学研究〔Nurses’HealthStudy(NHS)、HealthProfessionalsFollow-upStudy(HSPS)〕において、グルテン摂取量が最も多い上位20%の群(12g/日以下)では、最も少ない群(約4g/日未満)に比べ、2型糖尿病リスクが13%低下していた。米国心臓協会(AHA)が3月9日、同学会が開催するEpid...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞