m3.com トップ > 臨床ニュース > STEMIへのEPO、有効性確認できず【JCS2017】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

STEMIへのEPO、有効性確認できず【JCS2017】 LVEF、心筋シンチ各指標、慢性期NT-proBNP値とも有意差なし

ST上昇型心筋梗塞(STEMI)に対する再灌流治療成功後、6時間以内に低用量エリスロポイエチン(EPO)を単回投与しても心機能は改善しないことが、香川大学循環器・腎臓・脳卒中内科学の南野哲男氏らによるEPO-AMI-IIStudyで明らかになった。EPOによる有害事象増加はなかったものの、中間解析結果がネガティブだったため、データモニタリング委員会は同試験の無効中止を勧告。最終解析結果は監査の上、第81回日本循環器学会(3月17-19日、金沢市)で報告された。腎性貧血治療薬であるEPOは、抗アポ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞