m3.com トップ > 臨床ニュース > 痛みの訴えは「三つ星の酒」で押さえる【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

痛みの訴えは「三つ星の酒」で押さえる【研修最前線】 研修最前線 南魚沼市民病院内科カンファランス「魚沼シリーズ」Vol.6

2017年3月24日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

腎盂腎炎疑いで紹介されてきた40歳代前半男性は、南魚沼市民病院に到着後、「全身が痛い、ずっと痛い」と訴えた。肋骨脊柱角(CVA)叩打痛陽性の所見からは中枢神経系の感染症が鑑別に挙がる。m3.com「研修最前線」魚沼シリーズ第6回では、同院で地域医療研修中の初期研修2年目・斎藤優子氏が報告する症例を元に、米国で総合診療を学んだ魚沼基幹病院総合診療科の石山貴章氏が痛みを見分けるポイントを説く。痛み、押さえるべきは「LiquorTripleA」斎藤(初期研修2年目)入院時現症を続けます。General...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞