m3.com トップ > 臨床ニュース > 胸部打撲、各診療科医師の経験は

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胸部打撲、各診療科医師の経験は 胸部打撲例の初診に関する意識調査Vol. 2

2017年3月31日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患その他

Q.ご自身が遭遇した胸部打撲例のヒヤリ症例、普段の対応のコツなどを教えてください(自由記載)「他の疾患」「急変」「トラブル」胸部痛で来院し、他の医療機関で胸部筋肉痛と言われていたが、胸部CT検査で胸部大動脈解離が分かって対処をした症例がありました。【循環器科開業医】右季肋部の”腹痛”で「胆嚢炎」疑いとして、救急外来医師より診療依頼あり。理学的に圧痛ポイントが、限局しすぎ肋骨上にある、発熱・嘔吐なしなど腹部炎症疾患所見なし。超音波で緊満腫大胆嚢なし、肋骨骨折と判断。整形外科医に紹介。肋骨骨折と診断...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞