m3.com トップ > 臨床ニュース > 尿路系障害招く化学物質の健診で通知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

尿路系障害招く化学物質の健診で通知 曝露で膀胱癌など発症リスク

日本泌尿器科学会は2017年3月16日、学会ホームページに、オルト-トルイジンと3,3’-ジクロロ-4,4’-ジアミノジフェニルメタン(MOCA)にかかわる特殊健康診断の適切な実施についての注意喚起文を掲載した。化学物質のオルト-トルイジンとMOCAへの曝露は膀胱癌などの尿路系の健康障害を引き起こす可能性があることから、その予防と早期発見のため、2016-17年に関連省令が改正。今回の注意喚起文は、この省令改正を踏まえて厚生労働省が発出したもの。オルト-トルイジンとMOCAを巡っては、日本で取扱...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞