m3.com トップ > 臨床ニュース > クローン病かベーチェット病か【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

クローン病かベーチェット病か【研修最前線】 「腹痛、黒色便を有する23歳女性」 Vol.5_3 筑波大・筑波メディカルセンター病院総合診療科カンファレンス(2016年度)

筑波メディカルセンター病院と筑波大学附属病院の総合診療科による合同カンファレンス。今回の症例「腹痛、黒色便を有する23歳女性」を提示した同センター総合診療科の廣瀬知人科長は、内視鏡検査の結果などからクローン病やベーチェット病の疑いを強めたという。絞り込みを進める過程で、何で確信を持つに至ったのか。研修医たちや前野哲博教授とともに、診断を考える。全3回。CRPのみ高値。回腸末端とS状結腸に潰瘍瘢痕廣瀬それではこれらを踏まえ、何か検査できるものはありますか。鑑別の変更でも構いません。研修医Aでは、自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞