m3.com トップ > 臨床ニュース > RA生物学的製剤の使用指針3種公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

RA生物学的製剤の使用指針3種公開 感染症など副作用リスクの対策提示

日本リウマチ学会はこのほど、関節リウマチ(RA)治療に用いる生物学的製剤に関して、3つの使用ガイドラインの改訂版を同学会ホームページで公開した。生物学的製剤を用いた薬物治療においては、免疫抑制の結果、帯状疱疹などのリスクが上昇することが指摘されている。同ガイドラインでは、薬剤投与中における有害事象の予防や早期発見、治療のための対策を提示している。対象となったのは、2010年に静注製剤、13年に皮下注製剤が承認されたアバタセプト、08年に承認されたトシリズマブと、インフリキシマブなど5剤が使用可能...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞