m3.com トップ > 臨床ニュース > 帯状疱疹予防で「ビケン」供給再開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

帯状疱疹予防で「ビケン」供給再開 水痘予防優先で自粛も、生産・供給体制整う

2017年4月7日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 皮膚疾患感染症

日本皮膚科学会は4月3日、乾燥弱毒生水痘ワクチン(商品名:ビケン)に関し、帯状疱疹予防についても生産・供給体制が整ったとする通知を学会ホームページに掲載した。同製品は、2016年3月に「50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防」の効能・効果が追加承認されたが、1-2歳児を対象とした水痘予防の定期接種で使用される唯一のワクチンであることから、生産能力の関係上、水痘予防定期接種への供給を優先していた。生産・供給体制が整ったことで、販売会社の田辺三菱製薬と武田薬品工業は、帯状疱疹予防に関するプロモーション...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞