m3.com トップ > 臨床ニュース > こむら返りには、やはり「芍薬甘草湯」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

こむら返りには、やはり「芍薬甘草湯」 「漢方薬を出すことの多い疾患は?」Vol.2

Q.「漢方薬を処方する際に、どの疾患・病態に出すことが最も多いですか?」の質問で、選択した回答の理由を教えてください。(自由回答)「こむらがえり」の回答理由一般の薬では対応が難しいから【外科系勤務医】効く薬が芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)しかないので【外科系勤務医】西洋薬に代薬がないので【腎・泌尿器科勤務医】芍薬甘草湯の効果は実感できるから【腎・泌尿器科勤務医】利尿剤の処方や透析を行っている患者が多いため【循環器科勤務医】頓服的に処方します。葛根湯(カッコントウ)もよく出します【循環器科開...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞