m3.com トップ > 臨床ニュース > DOAC名称知らずに観血処置【時流◆抗血栓療法】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

DOAC名称知らずに観血処置【時流◆抗血栓療法】 その抗血栓薬、止める?続ける?◆Vol.2

歯科領域では2010年に「科学的根拠に基づく抗血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン」(日本有病者歯科医療学会、日本口腔外科学会、日本老年歯科医学会)が発行され、抗血栓療法継続下での抜歯をグレードB(科学的根拠があり、奨められる)で推奨。2015年3月には改訂版が発行された。改訂GLの作成委員長を務めた国際医療福祉大学三田病院歯科口腔外科部長の矢郷香氏が改訂版のポイントなどを解説した。歯科領域での抗血栓療法継続下での抜歯に対する理解は進んでいるが、新規抗血栓薬の相次ぐ登場で、新たな課題も出てきて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞