m3.com トップ > 臨床ニュース > 「処置要するが貴科的には」がNGの理由【時流◆抗血栓療法】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「処置要するが貴科的には」がNGの理由【時流◆抗血栓療法】 その抗血栓薬、止める?続ける?◆Vol.3

2017年4月20日 時流  カテゴリ: 循環器疾患神経内科疾患脳神経外科疾患その他

「科学的根拠に基づく抗血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン2015年改訂版」(日本有病者歯科医療学会、日本口腔外科学会、日本老年歯科医学会)では、新たに経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)や、抗凝固薬と抗血小板薬の併用療法に関する推奨も追加。既存抗血小板薬にも配合剤が新たに登場するなど、抗血栓薬の種類が増える中、国際医療福祉大学三田病院歯科口腔外科部長の矢郷香氏が抜歯などの観血的処置を行う際に押さえるポイントを解説した。「“抜歯を要するが、貴科的にいか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞