m3.com トップ > 臨床ニュース > DOACに抗潰瘍薬予防投与は必要か【時流◆抗血栓療法】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

DOACに抗潰瘍薬予防投与は必要か【時流◆抗血栓療法】 その抗血栓薬、止める?続ける?◆Vol.5

抗血栓療法でもう1つ問題となるのが、薬剤関連有害事象の消化管出血に伴う緊急内視鏡時の対応だ。「超高齢社会を迎え、抗血栓薬を使用する高齢者が増え、消化管出血で救急搬送される機会も増加している」と話す東京大学医学部附属病院光学医療診療部部長の藤城光弘氏。2015年に発行された日本消化器内視鏡学会「非静脈瘤性上部消化管出血における内視鏡診療ガイドライン」で作成委員長を務めた。ワルファリンに比べ頭蓋内出血を減少させるが、消化管出血のリスクを増やすことが報告されているDOAC使用時の消化管出血予防の考え方...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞