m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗血栓薬「休薬」で出血増加?!【時流◆抗血栓療法】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗血栓薬「休薬」で出血増加?!【時流◆抗血栓療法】 その抗血栓薬、止める?続ける?◆Vol.7

2017年5月11日 時流  カテゴリ: 循環器疾患神経内科疾患脳神経外科疾患その他

休薬に伴う血栓・塞栓症リスクも重視されるようになっている一方、最新研究では出血性合併症を回避するための休薬で周術期の出血が増えることを示唆する驚きのデータも報告され始めている。抗血栓薬を取り巻く状況は大きく変わりつつある中、医療現場にどのような対応が求められるのか。東京歯科保険医協会・東京保険医協会が主催の「医科歯科安全講習会2016」(2月19日、東京都)の内容と周辺情報を紹介する。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)休薬群で血栓・塞栓/出血リスク有意増加、死亡リスク2倍矢坂氏らが20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞