m3.com トップ > 臨床ニュース > 「処置が難化」「処方医が判断丸投げ」?!

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「処置が難化」「処方医が判断丸投げ」?! 「抗血栓薬使用時の観血的処置」◆Vol.4

2017年5月16日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般外科疾患

高齢人口の増加や抗血栓薬の相次ぐ登場で、抗血栓薬使用患者の観血的処置の機会が増えつつある。m3.com編集部では【時流◆抗血栓療法】で、各診療科の専門家による観血的処置の際の抗血栓薬の休薬・継続に関する最新の知見を紹介している。この企画に連動して実施した臨床意識調査で、m3.com医師会員を対象に、「抗血栓薬使用時の観血的処置」の実態を聞いた。「基本的に継続または休薬後再開」個々の病態に応じて判断するしかないと思います。【循環器科開業医】侵襲度にもよるが、基本的に服用継続とし、処方医と施術医の相...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞