m3.com トップ > 臨床ニュース > 挿管時はN95、全入院例に胸部X線【時流◆現代の結核】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

挿管時はN95、全入院例に胸部X線【時流◆現代の結核】 高蔓延地域に隣接する非結核専門病院の実践-Vol. 1

2017年4月18日 時流  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症その他

「結核は過去の病気ではない」――。しばしば耳にする言葉だが、全国で結核の集団感染が通年的に散発している。国が目指す2020年の低蔓延国水準(人口10万人対の患者数が10人以下)を達成する上で重要と考えられているのが「受診の遅れ(patient’sdelay)」と「診断の遅れ(doctor’sdelay)」への取り組みだ。日本の結核患者の多くを高齢者が占めること、最近では、癌や関節リウマチなどの基礎疾患を有する患者の結核発症も問題となっている。診療機会が以前より減少する一方、高リスク患者が多く集ま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞