m3.com トップ > 臨床ニュース > AF関連新感受性遺伝子同定に成功

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AF関連新感受性遺伝子同定に成功

2017年4月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 循環器疾患

理化学研究所は4月18日、日本人集団の大規模ゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、心房細動の新しい感受性遺伝子の同定に成功したと発表した。この研究は、理研統合生命医科学研究センター統計解析研究チームの鎌谷洋一郎チームリーダーら研究グループによるもの。研究成果は、国際科学雑誌「NatureGenetics」オンライン版に4月17日付で掲載されている。心房細動の発症原因として、これまでは心血管系の器質的疾患などの臨床的要因や飲酒などの環境的要因が研究されてきた。一方、遺伝的要因については、GWAS...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞