m3.com トップ > 臨床ニュース > 産婦健診での留意事項を通知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産婦健診での留意事項を通知 精神状態を把握し産後うつ・虐待予防へ

2017年4月24日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本産婦人科医会はこのほど、厚生労働省から同学会へ通知のあった「産婦健康診査事業の実施に当たっての留意事項について」を、学会ホームページで公開した。同通知は、産後うつの予防や新生児虐待予防を図る目的で、健康診査時に産婦の精神状態を把握する際の注意点など全9点を記載し、周知徹底を呼びかけている。同通知では、産婦健康診査を実施する機関に対して、精神状態の把握にはエジンバラ産後うつ病質問票の点数に加え、問診や診察も併せて総合的に評価することなど6項目、市町村に対しては、支援が必要な際に適切な対処ができ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞